大会2018年度(第1報)

◇経済地理学会総会および第65回大会のお知らせ【第1報】◇

 2018年度経済地理学会総会および第65回大会は下記の要領で開催されます。大会シンポジウム、フロンティアセッション、ラウンドテーブルの企画および一般研究発表の報告者を公募いたしますので、ふるってご応募ください。なお、詳細は第2報以降でご案内します。

◆日 程:
2018年5月25日(金) 常任幹事会
     26日(土) 評議会、共通論題シンポジウム、懇親会
     27日(日) フロンティアセッション、一般研究発表、総会、ラウンドテーブル
     28日(月) エクスカーション

◆会 場: 東北大学 北(青葉山)キャンパス

◆共通論題シンポジウム
テーマ:「ポスト支店経済期」における地方中枢都市の中心性の変化
開催趣旨:
 札幌、仙台、広島、福岡が「支店経済都市」と位置付けられて久しいが、今日ではこの語句を目にする機会も減っている。今回のシンポジウムでは、これらの地方中枢都市が現在どのような役割を持ち、どのような経済的特徴を形成しようとしているのか、その変化について考える。
 地方中枢都市の端緒は戦中にみられる。人口規模の大きな都市を中心に、戦時期に軍事施設が増強されたことにともない、人口規模の大きな都市を中心に支店の集積が進んだ。その後、高度経済成長期を迎えると、支店の性格は従来の人口規模に対応したものから、全国をくまなく営業活動の対象とするテリトリー制へと転換した。これにともない、支店配置のパターンが変化した。札幌、仙台、広島、福岡など地方中枢都市の支店集積は大幅に増加し、それらの都市の経済中心性は飛躍的に高まった。
 その後、バブル経済崩壊の頃に、状況に変化が現れた。地方中枢都市の支店数が大幅に減少するわけではないが、「東京一極集中」が強調されるようになった。「支店経済」として特徴づけられていた都市では、IT化の進展、脱大量生産化、企業合併や分社化などによる支店等の再編が起こり、「支店経済」都市としての経済的中心性の特徴を変化させてきている。
 他方、高度経済成長期から「流通革命」を背景に、大型店が全国展開を活発化させている。郊外型大規模ショッピングセンターやアウトレットモールなどの果たす役割が大きいが、地方中枢都市では中心市街地への大型店の進出も少なくない。このような商業機能の集積が都市の支店経済とは異なる経済的中心性を高めている。なお、この背景としては高速道路網や高速バス路線網の整備など、交通インフラの整備があることも指摘しなければならない。
 さらに近年では商業機能に加えて、地方中枢都市にイベント・レジャー機能が集積し、各種プロスポーツのホームの立地などと相まって、集客機能を向上させている。「支店経済」時代の「地方の統括機能の集積」とは異なり、商業・レクリエーション機能の集積が地方中枢都市に新しい中心性をもたらしているのではないだろうか。このような中心性の変化は、都市の性格そのものも変化させる。
 本学会では2017年度の大会(明治大学)で「世界都市東京論の再考」をテーマとしてシンポジウムを開催し、今日の東京問題、そして東京の将来像について議論した。2018年度大会ではこれを受けて、「支店経済」が注目されるようになった1980年代からから30年以上を経て、札幌、仙台、広島、福岡などの地方中枢都市がどのように変化したのか、その地域的役割と経済の特性について考えてみたい。

◆大会シンポジウム報告申し込み
 上記テーマに関して、報告希望者は、氏名・所属・報告のタイトルを明記の上、報告要旨(400字程度)を添えて、下記の問い合わせ先宛に、2017年11月16日(木)までにe-mailにて申し込んでください。ソフト委員会で審議の上、結果をお知らせします。発表者としてお願いする場合は、要旨集に掲載する原稿を改めてお願いすることになります。

◆ラウンドテーブルの企画募集について
 ラウンドテーブルの企画を募集します。ラウンドテーブルのテーマ名、オーガナイザー名・所属、話題提供者名・所属を明記の上、ラウンドテーブルの趣旨(400字程度)を添えて、12月15日(金)までに申し込んでください。申込先はシンポジウムと同じです。

◆フロンティアセッションの発表者推薦のお願い
 フロンティアセッションは、原則として40歳以下の経済地理学会会員が経済地理学に関してなされた顕著な研究成果(博士論文もしくはそれに相当する研究成果等)を広く学会に問う場です。自薦・他薦を問いませんので、発表者をご推薦ください。発表者の指名・所属、予定される論題、推薦者の氏名・所属を明記の上、推薦理由(800字程度)を添えて、12月31日(金)までに申し込んでください。申込先はシンポジウムと同じです。

◆一般研究発表の報告申し込み
 発表時間は、報告20分、質疑応答15分を予定しています。希望者は下記必要事項を添えて、2018年2月28日(水)までに申し込んでください。申込先はシンポジウムと同じです。
 必要情報: ①氏名 ②所属 ③発表タイトル ④連絡先(メールおよび電話番号)
       ⑤要旨(1100字、図表なし、『年報』の例会発表要旨に準じる)

◆問い合わせ先及び申し込み先
 〒960-1296 福島市金谷川1 福島大学人間発達文化学類 初澤敏生
 e-mail: hatsuzaw(at)educ.fukushima-u.ac.jp
      お手数ですが、(at)は@に置き換えてください。

◆実行委員会
 実行委員長: 小金澤孝昭(宮城教育大学)
 ハード部門: 関根良平(東北大学)、岩動志乃夫(東北学院大学)、佐々木達(宮城教育大学)、庄司元(青森中央学院大学)、土屋 純(宮城学院女子大学)
ソフト部門: 初澤敏生(福島大学)、櫛引素夫(青森大学)、高野岳彦(東北学院大学)、千葉昭彦(東北学院大学)、宮原育子(宮城学院女子大学)、柳井雅也(東北学院大学)、山口泰史(東北公益文科大学)

Top